about

集まって住むかたち

「住まい」は孤立した建築ではなく、環境の中で集合を成し、人々の生活の器となり、地域の風景を形成します。三笠研究室では、気候風土や生活文化、家族やコミュニティのあり方など地域固有の条件に応じた住まいとまちのかたちについて、フィールドワークとデザインワークの両面から追求しています。


教員

三笠友洋  博士(工学),一級建築士

略歴

1978 広島生まれ

2000 大阪大学工学部電子情報エネルギー工学科中退

2002 神戸大学工学部建設学科卒業

2004 神戸大学大学院博士前期課程修了

2008 神戸大学大学院博士後期課程修了

2008 福岡大学工学部建築学科助教

2010 神奈川大学工学部建築学科

2016 西日本工業大学デザイン学部准教授

主な受賞

2017 村山の「あんばい・いい家」設計大賞 佳作

2014 団地再編COMPETITION2013 最優秀賞

2013 日本建築学会技術部門設計競技

   「次世代に継ぐ住まいの再建」最優秀賞

2006 間伐材を活用した新構法による住宅デザインコンペ 

   林野庁長官賞

2004 都市住宅学会修士論文コンテスト 優秀賞

2002 神戸大学建築大賞


学生

4年生

白石花奈 砂川京介 竹割拳志 

津川七海 宮吉早紀 山城将仁

吉岡立峰 吉田 茜 吉田郁乃


3年生

赤宗みゆき 我如古達也 瓦田樹雪 崎川裕生

鈴川凌矢  中川幹太  廣門優太 古田真子

光末賢史  森萌香   柳下実穂 山田ひかる